濃密な眠気

メール投稿用アドレスが残ってるとは思わなんだ。
こんなもんうっかり見つけるからくそ眠いのに記事更新したくなっちゃうんだよ。

とりあえず、今日は出校日でした。
しかし、一連の流れは昨日の午後2時過ぎから始まります。
のっそり起き出してとりあえず何か飲もうと下に降りると、甲子園の決勝戦の中継が流れてました。
ちょうど6回の裏、2対2の同点でツーアウト満塁という手に汗握る場面が。
気になったので紙パックのリンゴジュースをちゅーちゅーやりながら見てたら、見事にタイムリーヒットを決めて勝ち越したので、「ああ、こりゃ勝ったかな」と思い、上でいそいそとヨーロッパGPの録画を観戦。

一貴は相変わらず運が悪かったと諦めるしかないレースだったですね。
しかし、ハミルトンの2回目のピットはなんだったんだろう。
今はタイミングモニターでマシンの位置も全部わかるし、燃費だってテレメトリーで表示されるだろうに、わざわざ直前になって作戦変えなくてもよかったのに。
というか、ただストップを遅らせただけならわざわざタイヤを引っ込めたりしませんよね。
何かもっと別の理由があったんだろうなぁ。
とりあえず、バリチェロおめでとう。
これで虫の居所も落ちつくでしょうか。

5時半に我が店でバイトを考えてるという中学時代の同級生と合流し、ガストで晩飯。
以前から気になっていたハンバーグ&チーズカレーチキンを注文。
カレーが思ってたよりも甘くて、その時に求めてた味とはちょっと違ってがっくり。
まぁ、世の中こういうことばっかりですよね。

そのまま7時からバイトに入って19−21時のラインで2時間。
19時台にそこそこの数の来店がありましたが、その後入れ代わらず、平日らしいワンピークのディナー営業でした。

21時半に店を出てそのまま隣のゲーセンに寄ると、兄者と遭遇。
ダンレボに奈々さんが入ったと言ったらけっこうノリノリで1クレやってみることになりました。
本格的にやってるわけではないので、足が動かんのなんの。
上下はしょっちゅう間違えた。
コントローラーなら楽勝なんだけどなぁと言っても地味なのは否めない苦しみ。

その後兄者の家に上がり込んでBSのMUSIC JAPANを見ました。
アニソンSPで奈々さんとかみのりんとかが出てたんで大はしゃぎでした。
栗林みな実の良さを再確認。
昔はあんなに良かったと思わなかったんですが、今度またCDを漁ってみたいと思います。

日付が変わって1時前に帰宅。
そこで小論文模試の提出日が今日の出校日だったことに気付いたその時点で徹夜がほぼ確定。
ラジアンを聴きながらまずは山のように机に積み上がった書物やプリントの片付けを開始。
しかし、これがまた予想外に時間がかかった。
プリントの整理と願書の提出書類の確認とお菓子の置き場所作りとなんやかんやで2時間もかかってしまい、3時頃にようやく小論文に着手。
んでこれ書くのにまた同じだけの時間を使って、空が青みがかってきた5時ちょいすぎに小論文が完成。
そこから寝たら起きれないという判断から7時までエスコンやったり読書したりして眠気と闘ってました。

スクールバスで8時20分に登校。
10時半の解散まで先生の話しを右から左へ受け流しつつ(古いとか言わない)読書に興じておりました。

そういえば今日日本語検定の結果が返ってきました。
準2級合格という中途半端なものを取ってしまいました。
敬語?何それ、おいしいの?って感じです。
語彙の正当率80%は満足。

売店で昼飯買って2時半まで待ちぼうけして、明日の体験入学会の準備と声出しをして3時半解散。

それから同窓会で抜けてたdolceを待って4時40分に学校を後にし、電車とバスを乗り継いで6時前にdolceの家に到着。
そこでdolceの小学校からの友人であるASちゃんとのんびりまったりお話会をしました。
ASちゃんとは久しぶりに会いましたが、どうやら彼氏ができないという悩みが収まっておらぬ様子で、しきりに彼氏が欲しい、彼氏が欲しいと呻いておりました。
頑張れ娘。

さて、書くのが疲れた。
その後はバスに乗って帰ってきたのですが、なにぶん徹夜明けなので、すでに昼間からだいぶ睡魔が親しげに纏わり付いてくるんですよ。
帰りのバスは記憶が途切れ途切れですので。
まぁ、なんとか睡魔にさらわれて乗り越しを払うなんてことなく家にたどりつきました。
それから2時間かけてこれ書いてるんだから馬鹿としか言いようがない。

いや、実際途中で投げ出そうとか思ったんだけど、記事の質を薄くすることでなんとか最後まで書き上げた渾身の記事です。
読んだ人ご苦労さん。
眠くて頭が回らんのですわ。


そこまで書いて寝てた。
意味がわからなくなる前に送信しよう。
では。
[PR]

by yukyusoubi | 2009-08-26 07:13 | 日記  

<< 鬱々真っ盛り ふらり帰宅のブログ >>